文章でのコミュニケーション

家出掲示板は、メールのやり取りをしてコミュニケーションを取っていくのが基本です。
実際に面と向かって表情を見ながら、言葉を選んでというコミュニケーションは当然に出来ません。

また、相手の声のトーンや、しゃべりの間などから洞察して、コミュニケーションを取っていくということも出来ないものなのです。

家出掲示板で成功を収めたい場合には、この特殊な匿名性の高いメールでのコミュニケーションが基本だということをしっかりと把握しておく必要があります。

■ありきたりな文章を使わない

前述にもある通り、普通のコミュニケーションではないのです。
ですから、面と向かって会話をすることが上手でも、メールでのコミュニケーションがダメという方は、とっても多いのです。

それは通常の会話のような文章を書いてしまっているから。
通常のコミュニケーションが上手な人というのは、その表情や声のトーン。
リアクションやジェスチャーなどを使って、面白いと感じさせていることが多いのです。

それが全く通用しないのですから、話し言葉を使ったありきたりな文章を使うと失敗するケースが多いのです。

■自慢や独りよがりな文章はNG

他にも、自分自身をあまりにアピールしてしまうと、自慢話やひとりよがり感が強まりますから注意が必要です。

思わず家出掲示板を見てしまった

夜な夜な家出掲示板を見ては、不特定の女の子を家に泊めてあげていた僕。
セックスする子もいましたし、疲れたといって勝手にどんどん僕のベッドで寝てしまう子もいました。
僕のためにご飯を作ってくれた女性もいましたね。
今思い返すと、なんだかすごく女性との絡みは充実していたような気がします。
僕はそうやってエッチがしたくなったり、寂しくなったときにはこうして家出掲示板をよく利用していました。
しかし今ではそうしたサイトも、掲示板も見なくなってしまいました。
彼女ができたわけでもありませんし、気になる女性がいるわけでもありません。
久しぶりにそんなことを考えていたら、ムラムラしてきてしまいました。
久しぶりに、家出掲示板でも見にいってみようかな。
僕の家に泊まってくれる家出娘がいればいいのですが・・・
見返りはやっぱりエッチでしょうか。
もしそれが嫌だったら、せめてご飯を一緒にたべて僕を話でたのしませて欲しいと思います。
家出の少女達は、何も考えないで掲示板を利用していると思いますが、僕のような男性ばかりではありません。
少しは注意深くなったほうがいいかとも思います。
こうして僕のように、夜な夜な神待ちをしている男は、いくらでもいますからね。

未成年とは関わらない

家出掲示板少女が今流行化していて援助交際よりも、安い値段で身体の関係を求めることができますので、とても便利だと考えている大人は多いのですが、出会う前に注意点してほしい点があります。

■未成年の家出少女に出会ってしまえば逮捕されてしまう

それは未成年の少女です。
逮捕されるケースが過去にはあります。
こちらは善意の気持ちでやっていたと証明したかったとしても買春目的ではないかと言われるのは当然のことです。
お礼としてそれで支払うことになっているのですから、その点を咎められたとしても当然のことなのです。
ですから泊めてあげて、まさかの逮捕につながったというケースも少なくありませんので慎重に相手を選ぶ必要があるのです。
未成年というだけで何かとトラブルになりますので十分に注意が必要です。

しかしこの精度を利用している場合は、大半が住むところ、時間を潰すところ、食べるところに困っている未成年であるという可能性がとても強いですので、その点トラブルにならないようにするためには、自分の身を自分で守る必要がありますので気をつけましょう。

■出会う前に未成年なのか確認をする

なんといってもお互いの信頼関係がもとに成り立っている関係ではあるわけですが、やはり何かとトラブルになってしまっている人というのはやはり、未成年であるかどうかきちんと確認していなかった点にトラブルの根源がある場合があります。
未成年ではないと相手が口頭で伝えたとしてもそれを信用してはいけません。
未成年ではないと言っていたかもしれないけれどもしかしたら未成年かも知れないと疑う必要があるのです。
それができなければ泊め男になる資格はないかもしれません。
逮捕されて警察ざたになりたくはないと思っている人はぜひ気をつけてもらいたいですね。
あとで泣きを見ることになっても手遅れなのです。

困っている相手の素性を調べておくことはこの関係を築く上ではとても重要なことですし、それを面倒だと感じていたのではあとで痛い目にあってしまうこともあるのです。